相続税額の計算方法

@取得財産の価額・・・相続又は遺贈により取得した財産の評価額

A相続時精算課税適用財産の価額・・・贈与時の相続時精算課税適用財産の価額

B債務及び葬式費用の金額・・・被相続人の借入金や未払税金などで相続人又は包括受遺者が代わりに支払う場合やお葬式の費用を支払った場合は課税価格の計算上控除する。

純資産価額・・・@+A−B


 

暦年課税分の贈与財産価額(生前贈与加算)

・・・相続開始前3年以内に被相続人から受けた贈与財産の価額

■課税価格

・・・相続税の計算の基礎となる金額

■相続税の総額

・・・各人の課税価格の合計額から遺産に係る基礎控除額を控除した残額に税率を乗じて計算した金額。ここに遺産課税方式が組み込まれている。

■各人の算出税額

・・・相続税の総額×各人の課税価格÷各人の課税価格の合計額

■2割加算

・・・被相続人の一親等の血族(代襲相続人を含む)及び被相続人の配偶者以外の人が相続又は遺贈により財産を取得している場合には、各人の算出税額の2割分が加算される。

■贈与税額控除額(暦年)

・・・加算された生前贈与に係る納付した贈与税相当額を控除する。

■配偶者の税額軽減額

・・・長く共同生活を営んできた配偶者への配慮により設定された税額控除

■未成年者控除額・・・法定相続人である未成年者が満20歳になるまでの年数に6万円を乗じた金額を控除する。胎児は120万円

■障害者控除額

・・・法定相続人である障害者が満85歳になるまでの年数に6万円(特別障害者は12万円)を乗じた金額を控除する。

■相次相続控除額

・・・相続開始前10年以内の相続により財産を取得していて、相続税を納付している場合には、その相続税相当額に一定割合で控除する。

■外国税額控除額

・・・相続又は遺贈により取得した外国にある財産(在外財産)が、所在場所の国で日本の相続税と似た税金が課税されていれば、二重課税排除のため、その税額を控除する。

■贈与税額控除額(精算)

・・・贈与時に相続時精算課税適用財産について課せられた贈与税相当額控除する。

■納付すべき税額・・・今回の申告により納付する相続税額